本当に効果万能?玄米に存在するデメリット3つ 30

Pocket

いつもお読みいただき

ありがとうございございます!

 

 

“更年期によるウエスト太り”

解消専門トレーナーの

神林愛美です!

 

 

主に武蔵小杉・川崎市

三軒茶屋を拠点に

活動しております!

 

 

ダイエット

にオススメの玄米!

 

 

ビタミンミネラル

食物繊維も豊富で

取り入れているかたも

多いかと思います。

 

 

しかしメリットだけでなく

デメリットも存在します!

 

 

玄米とは

 

まずは玄米について

ご説明します。

 

お米を収穫して

もみ殻を取り除いたものが

玄米。

 

 

玄米は胚芽・ぬか・胚乳

でできており

胚芽とぬかが特に

食物繊維でビタミンミネラルが

含まれています。

 

 

その胚芽とぬかを

取り除いたのが白米です!

 

 

 

 

 

玄米と白米の比較

①食物繊維6倍!!

 

食物繊維は便秘の解消だけでなく

血糖値の上昇を抑え

コレルテロールの吸収を

抑制する効果もあります。

 

②ビタミンB1が8倍!!

 

玄米の胚芽やぬかに

多く含まれる

ビタミンB1は

糖質をエネルギーに変える

働きがあります!

 

そのほかの

ビタミンB6、B2、

ナイアシンなどの

体内では合成されない

必須ビタミンを多く含み

脂質やタンパク質代謝

免疫力向上、美肌効果

疲労回復などにも効果的。

 

 

③鉄が6倍!

 

貧血予防の鉄分だけでなく

 

マグネシウムや亜鉛やマンガン

をはじめとしたミネラルを

多く含み体の機能を

正常に維持する効果があります。

 

 

さまざまな効果がある反面

間違った取り方をすると

下記のようなデメリット

にも繋がります。

 

玄米のデメリット3つ

1,消化に悪い

 

早食いやよく噛まずに

食べてしまうと

 

表皮(ぬか)が、

消化しきれず、

胃腸の粘膜を傷つけたり

内臓を傷つけてしまう。

 

2,便秘を悪化させる

 

食物繊維が白米の6倍!

と上記の説明にありましたが

多さゆえの問題があります。

 

食物繊維には

 

・不溶性食物繊維

・水溶性食物繊維

 

の2種類存在します。

 

 

玄米はそのうちの

不溶性食物繊維

多く含みます。

 

 

不溶性食物繊維は

腸の中で水分を含み

膨らみ消化のスピードを

ゆっくりにします。

 

 

その反面

腸内の水分を

吸収し過ぎてしまい

更に便が硬くなり

余計に出にくく、、

 

いわば

「ゴミが腸の中で渋滞」

している状態に

なる恐れもあります!

 

 

③フィチン酸

 

玄米に含まれる

「フィチン酸」は

鉄・マグネシウム・

カルシウムなどの

ミネラルとくっつき

体外へ排泄

されやすくなる。

 

 

つまり玄米の食べ過ぎは

ミネラルなどの必要な

栄養素を吸収される前に

外に出ていってしまうのです。

 

 

まとめ

 

一見ダイエット食に

最適と思われがちですが

 

 

食べ過ぎると

逆効果につながることも

あるのです!!

 

 

また実は意外と白米と

差ほどカロリー

変わりません。

 

白米= 168kcal/100g

玄米= 165kcal/100g

 

 

このように玄米だけ

でなく食べ物は

メリットだけでなく

デメリットも存在します。

 

 

表面だけの情報を

鵜呑みにせず

両面をしっかり

理解した上

食べていきましょう。

 

 

健康に良い!

痩せやすいからといって

それだけ食べ続けるなどの

食べすぎは禁物!

バランスが大切です。

 

 

正しい知識を

得られる環境に

身を置くことが

 

 

結果がでる

    +

維持できる

 

 

ベストな方法です!

 

 

 

 

神林愛美

関連記事

PAGE TOP