引き締まったお腹をキープする縁の下の力持ちの存在とは   6

Pocket

 

こんにちは!

 

 

 

主に

三軒茶屋を拠点に

活動しております。

 

 

“働く女性

ウエスト太り解消”
専門トレーナー

の神林愛美です。

 

 

 

皆さんは”骨盤底筋”

という言葉は

聞いたことはありますか?

 

骨盤底筋の主な働き

 

●主な働きは・・・

 

 

・骨盤の底でハンモック

   のように臓器を支える役割

 

 

・膀胱や尿道および膣、

   肛門を引き締め、

 尿漏れや便漏れを予防する

 

 

・体を安定させるための筋肉

  (インナーユニット)

 のうちの1つで姿勢を維持する

 

 

 

●骨盤底筋の位置

 

 

椅子に座り、両方の手の平を

上向きにしてお尻の下に置きます。※図1参照

 

 

手にあたる骨の出っ張りが

坐骨結節と言われる骨。

骨盤底筋」は、

この坐骨結節の

間に張っています。

※図2参照

 

 

 

 

※図1

 

 

※図2

 

 

骨盤底筋が緩んだり

弱くなると様々な

不調が起こります!!

 

骨盤底筋が弱くなると起こるリスク

 

1.尿失禁

 

立ち上がったタイミングや

くしゃみをした瞬間に

尿が漏れてしてしまった経験

はありませんか?

 

 

周囲の人になかなか

言いにくい

事かと思いますが・・・

実は意外と多いのですよ。。

 

 

女性は特に妊娠初期に

骨盤底筋を緩める

ホルモンが分泌されたり、

出産時に傷ついたりするので、

緩みやすいとされています。

 

 

2.代謝機能の低下

 

姿勢を維持する筋肉である

インナーユニットは※図3参照

 

 

上→横隔膜

 

下→骨盤底筋

 

前→腹横筋

 

後→多裂筋

 

 

と4方向で姿勢を

保つ働きをしております。

 

 

※図3

 

上記の筋肉が低下

 

 

姿勢が崩れると呼吸が浅くなる

 

 

呼吸が浅くなると

酸素摂取量が低下

 

 

血流低下

 

 

代謝機能の低下

 

 

 

またその他にも

むくみや冷え性などの

様々な不調を引き起こします。

 

 

 

 

3.下腹部がぽっこり出る

 

上記の働きにもあるように

骨盤底筋は内臓を支える

働きがあります。

 

 

※図4

 

 

よって筋力が低下したり、

緩むと重力に耐えられず

内臓が下垂し

下腹部がぽっこりと

出てしまいます。

※図4参照

 

 

内臓の下垂も血流を悪くし、

代謝低下や冷えやむくみを

誘発します。

 

 

以上大きく分けて

3つを紹介しましたが、

一部を見ただけでも

存在感が薄いのに大きな役割

を果たしているのがわかります。

 

 

「骨盤底筋」は

存在感が薄い上、

意識しにくく、

使われにく部位で

筋力が低下しやすい。

 

 

反対に!!

意識しにくく、

使われにくいところ

だからこそ

これから積極的に

鍛えていくと

体調体型がみるみる

変わっていくのが

実感できるでしょう。

 

 

お腹痩せするためのパーソナルトレーニング。こんな事をします!

 

 

 

 

こちらの記事も読まれています

 

 

今度こそ「お腹痩せしたい!」

トレーニング始めたい気持ちが少しでも

あるあなたにおすすめな

関連記事を紹介するので

よければチェックしてください

 

 

 

 

★☆関連記事★☆

 

「全体的に引き締まって洋服選びが楽しくなった!」お客様のご感想をシェアします! 

 

30代女性 お腹が気になるあなたは今すぐ筋力トレーニングを始めた方がいい理由3つ

 

「歩く習慣はありますか?」移動手段を歩きに変えるだけでお腹痩せの結果は大きく変わる理由

 

 

 

 

 

三軒茶屋

お腹痩せパーソナルトレーナー

神林愛美

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP